Qigong changes your life  人生変革

The minute qi  微細な氣の粒

As a therapist, I did qigong treatment for more than 20.000people for13 and a half years.  And found out that people cannot live without the influence of qi.                 西洋には、「カイロプラクティック」が発達しました。オステオパシーは、お医者さんが施術するワザでしたので、一般の人には広まりにくかったのです。しかし、時を同じくしまして、西洋と東洋とでカイロプラクティック系ではない、ボキボキしない、ソフト手技が広まったのは偶然とは思えません。         京都手技研で、研修会を何度も開かれた、この気功のもとになりました整体師さん(藤原修雪氏)は、全国から研修にこられて、みなさんが熱心に研究されていたような人でした。 腰が痛い人は、その場で腰の痛みが取れ、 首が痛い人は、その場で首の痛みが取れ、 肩が痛い人は、その場で肩の痛みが取れていたのです。 しかも、目覚ましいほど、体形もその場で変わっていたのです。 数字で表せない感覚的な施術ゆえに、正確に伝わりにくいという特徴がございまして、習ったけれども出来るときと出来ないときとがある、とか、10のうち3はいいけど3はあやしくて、残りの4は出来たり出来なかったり、とか職人ワザを機械的に再現できる人は非常に少ないのです。                                                       私は、いろんな所に弟子入りしまして、そして、何よりもお客様のお体に本気でお一人お一人に向かい合う事で、そのワザを突き止めました。 「即効性を求めてはいけない」とか、「好転反応が出た」とおっしゃる施術家が普通ですが、この京都の施術家は、「その場で」「目覚ましい」効果を出されていました。 私も100人施術させて頂き(延べです)、その人数が 500人になり、1000人になりますと、次第に人体が分かってくるような気がしまして、それで一山登れたのですが、2000人になりますと、どこをどう刺激したらどうなる、ということがほぼ分かりまして、5000人になりましたら、、逆に「私は何も分かってなかった」と気づきました。 京都手技研の藤原氏は、本当にものすごかったと感じ入りました。                                                            人体は、「少し」分かっただけではいけないのですね。1から100まで、すべて分かったうえで施術しないと、どこかは成功しても、どの部分かは失敗があり、それが足を引っ張りまして、プラスマイナスゼロになってしまうのです。 または、自信があり、効果が実証されているワザだけをずっと繰り返して行くのもいい方法です。「余計な事」、人体にとりましてマイナスなことさえしなければ、少しの効果があるワザでも、つもり積もれば大きな変化を起こす事ができます。 そして、延べ施術人数が、1万5千人を超えましたら、気づいてしまったのです・・ このワザは、人間でなくてもできる、と。 ガッシリした椅子に座る、フローリングの床に寝る、半身浴をする、それだけで、私の施術と同じ成果が出るものであった、と。 効果あるヨガのポーズも、太極拳も、そうです。 同じ、成果が出るのです。 そして、私は、施術から少し離れることにしました。 施術家としましては、ものすごくショックなことであったのです。 自分が十数年も苦労に苦労を重ね、みずから病気になりながら、そして病気を克服しながら、つかんだワザが・・ フローリングに寝ることによっても出来てしまうなどというのは、屈辱以外の何者でもありませんでした。 できれば、施術で、自分が関わる事のみで、人体は変わると ずっと申し上げたかった・・ 自分がいないと、究極のワザはできませんよ、と私の重大さをアピールしたかったのです。 しかし・・・ 発見してしまいました。 そして、施術をやめ、結婚しまして、経済的には何の心配もなくなり、フィットネスに通ったり ママさんバレーを再開したりして、楽しくやっていました。そこからおよそ半年・・・また、私は気功を再開しようと思ったのです。                               それは、皆様の笑顔のために、そして、私が生まれて来た目的が、気功という貴重な日本初の施術を広めるという使命のためであった、と気付いたからです。

No special preparation for treatment 施術をお受けになるには

ご来店から施術の流れ

Wearing pants is recomended when you visit me, because of the manipulation of feet.施術内容の説明をお受け頂き、ご自身のお体の様子をチェックして頂きます。
そして、無痛の施術をお受け頂き、施術後、再びお体のご様子をチェックして頂き、施術前との変化をご実感頂きます。(痩せるのをご希望の方は、ピッタリした洋服を持ってきて頂けたら、その場でゆるくなっている(グサグサになっている)のがお分かりいただけると思います)

20分のコースでも、前後を合わせると45分くらいのお時間をみておいて下さい。
  • 服装・ご用意頂くもの

    服装・ご用意頂くもの

    服装は、足を持ち上げますので、できればズボン・スラッ クスのお姿が望ましいです。いざとなりましたら、スカートでも視線をはずさせて頂きますので大丈夫です。
    他にご用意頂くものは、特にはございません。

  • 施術の間隔

    症状が重くないお方でしたら、1回でじゅうぶんです。 症状が重くない、とは、病名がついてないお方で、手術後とかではないお方です。 「そうとうひどいんです」とか、「どこに行っても治らなかったんです」とおっしゃるお方でも、1回で「あれ?もう大丈夫です」とおっしゃるお方がほとんどです。 「そうとう太ってます」とか「お医者さんにさじを投げられました」というお方は、毎月1回で3回、(3ヶ月) お受けになったら、かなりの変化をご実感頂けると思います。 特に、痩身目的のおかたは、3回で「あれあれ?誰ですか」と言われた人もいらっしゃいます。 もう、後ろ姿などは、痩せている普通の人と全然変わらないくらいになった、と言われますね。
    短期間に集中したいお方に: 2回連続でお受けになっても構いません。
    たとえば、ご遠方のお方は、1日目の午後と、2日目の午前という感じです。 どんな「ひどい」症状でも、3回もお受けになればじゅうぶんだと思います。
    刺激は、1時間後・3時間後・6時間後・12時間後・24時間後と深まって行きます。ですので、施術の間隔を、3時間か6時間、できましたら12時間、あけてもらった方が、前回の刺激がそのまま活かせて良いのです。3時間でしたら、ちょっと間隔が少ないかなと思います。6時間以上あけて下さることが理想です。 

    1回で ある程度 ご納得いかれる効果がなければ、残念ですが、数回通われても、効果が出ないと思われて下さい。100あった”悪いもの”が10出ましても、かなりスッキリされるはずです。「病気」といわれる症状が出ていて、それがたとえば、“悪いもの”が50抜けたら、「病名」がつかない「不定愁訴」に格下げになることもあるのです。 

    私が教師だった時、不調が治るまでに、7か月間、2つの治療院に通いました。 1つには30回、もう1つには20回で、延べ治療費もそうとうかかりました。 何度通えば良くなるのか、目安がない状態で、「もっと通えばもっと良くなるはずだ」と一種の強迫観念に襲われて、治療院に依存した状態になってしまっていたのでした。 かえりみまして、今の自分でしたら、当時の自分を、3回も施術すればいいな、と思えるほど、凝縮した技術になったと思います。1回で体内の悪いものをごそっと1つの層を丸ごと出します。 2回で、さらに深い所に潜入している悪いものを引っ張り出します。 そして、3回で、いわゆる「とんでもない症状」が、「あれあれ?」とご実感いただけるくらいになっていると思います。
    もちろん、悪いものが、相当たまっているお方は、4−5回かかる場合もありますが、歩いて施術場所にいらっしゃることが出来るお方は、入院もされてないですし、歩行機能もおありですし、3回でも対処可能であると考えます。 

    目安としましては、病名がついてない方は、ほとんど、1回で大丈夫です。 ものすごく太っていると実感がおありのかたは、30分3回で かなり体重に変化が出てこられ、頭痛・肩こり・腰痛も変化が出ると思います。 

  • 施術後の注意事項:“氣”の巡りを良くするためにやって頂きたい事・避けて頂きたい事

    1.必ず避けて頂きたいもの:柔らかいものやビーズの枕。
    もこもこの靴・くつ下・服。ゴムやツボ押しのある靴。底がまるまった靴。クツ底に2センチ以上のゴムが付いているもの。 ゴム長靴、底が軽い靴(特に、エア) ウレタン製か柔らかいクッション・ソファ・座椅子に座ること。ホットカーラ・髪を巻くもので強力なもの(電磁波がキツいもの) 柔らかいベッド。ガッシリしていない(小さい・細い)椅子に座ること。 麻の表面がぼこぼこしている服、綿でも何でも目が詰まった服、ゴムのきつい下着、油を暖める暖房機、油をあたためる暖房機で強力な吹き出し口があるもの。 

    2.できれば避けて頂きたいこと:熱いシャワーやお風呂、サウナ、
    強い刺激(叩いたりもんだりすること)、足裏・リンパマッサージ、柔らかい床やじゅうたん。空気清 浄器・加湿器でプラズマクラスターイオンのもの。ガッシリしてなくて空洞があるベッド。アロマや芳香剤を毎日使うこと(たまにはいいです)。 

    3.できれば行って頂きたいこと:ぬるめのお湯で半身浴。歩く等の運動。
    硬い物の上(特にフローリング)で寝ること。綿の薄い座布団か、ループのないバスタオルで3-4セ ンチの厚さの枕.

     

The menu  メニューです